GLP-1を自力で増やす方法とは

実は、GLP-1が初めて日本で話題になった時は、自力で増やす方法が紹介されました。

それは、2013年 7月30日に放送された、たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学です。

「身体を老けさせない秘密 第4弾 新発見!やせるホルモンで病の元凶【肥満】を解消SP」というスペシャルでした。

当時紹介されたGLP-1の増やし方は・・・

  • 食べ物で「小腸」を刺激する
  • 食物繊維とEPAをたくさん摂る
  • サバ缶を良く食べる山形県民のGLP-1ホルモン量が多い

というものでした。

調べてみるとこの内容には元となる研究があり、信憑性は高いと言えそうでした。

 

GLP-1を増やす食べ物と元ネタとなった研究

小腸を刺激するにはヨーグルトなどの乳酸菌、野菜などから食物繊維、サバ缶など魚からEPAを摂取するとGLP-1が増えるという情報の根拠を発見しました。

食物繊維とEPAについて、第75回米国糖尿病学会(ADA)年次学術集会で発表されたアムステルダム自由大学医療センターの研究で

  • 野菜などの食物繊維が多く含まれる食材を摂るとGLP-1を作る細胞が刺激され、より多くのGLP-1が作られる
  • EPAやDHAが豊富に含まれる魚を食べると、GLP-1が増え食欲を抑えやすくなる

という結果が発表されたそうです。

Prior studies have shown that DHA and EPA can each lower glucose and augment GLP-1 secretion in the absence of an oral glucose challenge.
引用:Dual actions of a novel bifunctional compound to lower glucose in mice with diet-induced insulin resistance

訳:DHAとEPA各々がブドウ糖を降ろすことができて、口頭のブドウ糖挑戦がない場合GLP-1分泌を増やすことができることを、先行研究は示しました。

参考:野菜から食べ始めると食欲を抑えられる 第75回米国糖尿病学会(1)

乳酸菌については、コーネル大学のジョン マーチ教授(生物工学)らの研究チームが、プロバイオティクスの一種である「ラクトバシラス」という乳酸菌の遺伝子を改変し、GLP-1の分泌を促す品種を作り出すのに成功したという情報がありました。

In the study, published Jan. 27 in the journal Diabetes, the researchers engineered a strain of lactobacillus, a human probiotic, to secrete GLP-1, and then administered it orally to diabetic rats for 90 days. Rats with high blood glucose (called hyperglycemia, a hallmark of diabetes) that received the engineered probiotic ended up with up to 30 percent lower blood glucose levels.
引用:Diabetes in rats treated with engineered probiotic

訳:研究において、ジャーナルDiabetesで1月27日に発表されて、研究者は、GLP-1を分泌するために乳酸菌(ヒト生菌)の種を設計して、そして、90日の間口で糖尿病のネズミにそれを与えました。
設計された生菌を受けた高い血糖(高血糖(糖尿病の特質)と呼ばれる)をもつネズミは、最高30パーセントより低い血糖レベルで終わりました。

本当に自力でGLP-1を増やしてかつ痩せれるの?

ざっとこれらの情報を見た感じだと、食物繊維を1日18g(レタスなら4個半、きゅうりなら18本)や、サバ缶でEPAを摂れば体内のGLP-1は増やすことができそうです。

他にも、GLP-1を増やす食事というのは色々と紹介されているので、単純に増やすだけならそういった食事を取ればよいということになるのですが・・・

よくよく読んでみると、注意が必要な点も。

乳酸菌と言っても研究の中でGLP-1を分泌させるために設計された乳酸菌だったりするので、鵜呑みにしてただヨーグルトを食べたところで結果が出るかは微妙かなと思います。

それに、GLP-1は体内の酵素で分解されやすいという弱点を考えなければいけないのです。

せっかく取ったGLP-1もすぐに分解されてしまっては効果が薄くなってしまいます。

そのため、ダイエット目的で使うには酵素の影響を受けにくいように開発されているGLP-1ダイエット薬が向いているのです。